ナビゲーション リンクのスキップホーム  
■Contents
ナビゲーション リンクのスキップ
■リンク
NPO法人国際縄文学協会
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3-1-8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日~金曜日
10:00~18:00
※但し祝・祭日を除く。

メール
新刊図書・新作DVDビデオ
文化財発掘出土情報通巻434号20177月号 詳細 ご購入
71日発売 定価2376円(税込)
【巻頭グラビア】
   
       茨城県つくば市
         下河原崎高山古墳群
【表紙写真】
      下河原崎高山古墳群  出土 
            金環・蛇紋岩製丸玉 
   【収録記事】
   2017年5月1日~31日


【収録遺跡】
 
〔北海道・東北地方〕
北海道 ・根室湾沖/苫小牧市/大樹町
青森県 ・相内館跡/下北半島/三内丸山遺跡/弘前城
岩手県 ・金ケ崎町/挟田館跡
秋田県 ・能代市教育委員会/大館城跡
山形県 ・大窪砦/大南遺跡
福島県 川原田遺跡/塚前古墳
〔関東地方〕
栃木県 ・本学谷3号墳
群馬県 ・岩宿遺跡/金井下新田遺跡/上野国分寺跡
埼玉県 ・加能里遺跡/坂戸市/新座市/中妻遺跡
千葉県 ・国府台遺跡/嶺岡牧
神奈川県 ・津久井城/下森鹿島遺跡/中村遺跡/勝坂遺跡
〔中部・北陸地方〕
富山県 ・富山城/富山市
福井県 ・禅林寺/府中城跡
山梨県 ・甲府城下町遺跡/碓氷峠
長野県 ・浅川扇状地遺跡群/長野市松代町
静岡県 ・遠江国分寺跡/譲栄Ⅲ遺跡/坊之谷古墳群・横穴墓/湯船城跡
〔近畿地方〕
滋賀県 ・横関遺跡/法養寺遺跡
京都府 ・平安京・下京のゴミ穴跡/芝山遺跡/北大塚古墳/平安京跡/恭仁京
大阪府 ・仁徳陵古墳/町屋跡
兵庫県 ・入田稲荷前遺跡/姫路城城下町跡
奈良県 ・大和6号墳/三輪遺跡/平城京/平城京跡東院/薩摩遺跡/法輪寺
〔中国・四国地方〕
島根県 ・朝酌菖蒲谷遺跡/波迦神社/石見銀山遺跡
岡山県 ・新津山国際ホテル建設地
広島県 ・福山市神辺町/松尾城跡
山口県 ・周防鋳銭司跡
愛媛県 ・新谷古新谷遺跡
〔九州・沖縄地方〕
佐賀県 ・名護屋城/佐賀市
長崎県 ・五島列島沖/長崎市
大分県 ・竹田市
沖縄県 ・平安山原B遺跡/白保竿根田原洞穴遺跡/石垣市


■ニュースワイド■
  ・文化財、保存と活用 両論ー学芸員批判問題
・「復興城主」十億円超ー熊本城
・大エジプト博物館の保存・修復人選決まる
・東北復興支援 山梨県は県職員文化財
・最大級鉄器工房水没ー稲辺遺跡
・「錦の御旗」霊山神社に
・村上海賊 海域跡を調査

 
■中国情報■
  ・約一万年前に長江下流で水稲の栽培化始まる

■海外情報■
  ・ピラミッド建設の謎に迫るーエジプト
・ペルーパコパンパ遺跡発掘調査「アンデス文明」刊行
・進取人類 現生人類と共存?-南アフリカ共和国
・津単価^面王の副葬品移送終える
 
■世界遺産・日本遺産・史跡整備情報■
  ・福岡・沖ノ島 世界遺産へ 
・吉野ヶ里を世界遺産へ
・北海道.北東北の縄文遺跡群「世界遺産に」5度目の挑戦
・色彩豊かな縄文漆器ーカリンバ遺跡
・多賀城跡南門と築地塀復元
・丸岡城 国宝化へ足固め
・首里城18年度から沖縄県運営
・戦刻む十字架復元ー首里教会 
【INFORMATION】
■調査報告書・出版案内■
■博物館情報■
■学界動向■

【各地の動向・掲載遺跡】
<中部・北陸地方>
・新潟・佐渡市・西三川砂金山跡
<近畿地方>
・滋賀・大津市・近江国府跡
・京都・向日市・長岡京大極殿院回廊北西隅
・兵庫・太子町・鍛冶田遺跡
<中国・四国地方>
・島根県・益田市・県指定史跡 大元古墳群
 
〔アルカ通信No.166〕
   ・ 加曾利B式土器 第16回 鈴木正博
 ・考古学の履歴書 
 「ことのはじまりー『それでは何だ』」(第9回)間壁忠彦・葭子
 ・リレーエッセイ159 「伊豆逓信病院敷地遺跡~静岡県函南町」 戸田英佑
 ・考古学者の書棚
  『播磨国風土記のひみつ』(神戸新聞相互出版センター/2011)藤田淳

地域福祉情報通巻302号20177月号 詳細 ご購入
710日発売 定価3024円(税込)
keyword 子どもの貧困

【資料】

    全国児童福祉主管課長会議
    「(7)内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
   子どもの貧困対策担当関係」
            平成29年2月20日
   厚生労働省 

掲載記事
     2017/5/1~5/31

〔全国情報・海外情報〕

・IT活用医療効率化 社会保障費を抑制
・五輪・パラリンピック教育 全国で意義共有課題
・認知症 災害への備え アルツハイマ―国際会議
・心の病の経験生かす 変わる働き方
・混合介護ルール緩和を 規制改革推進会議が意見書
・介護職柔らかさの目安表示「低栄養」予防に期待
・介護福祉士目指す留学生 在留資格見直しで急増
・日曜 祝日は企業が保育
・耳で楽しむ映画続々 アプリで音声ガイド
・介護保険利用料 三割負担
・障害学生 対応遅れる大学
・政府 幼児教育無償化へ加速
・支援拒む高齢者どう対応 セルフネグレクト
・「こども保険」に賛同する 子育て支援全世代へ
・待機児童ゼロ20年度目標 政府22万人
・介護状態改善なら報酬増 政府が方針
・精神障害者とともに 脱病院の国イタリア①~⑦
・認知症 運転は症状に応じて オーストラリア
・モンゴルへ 日本のシステム「輸出」

[社説]
・「ゆりかご」10年 全国的な相談体制の充実を
・精神福祉法の改正 障害者の声に耳傾けよ
・民生委員制度百年 負担減で担い手確保を

〔都道府県別索引〕
北海道・官民共同高齢者の生活支援「CCRC」構想に弾み
青森県・「リコネクト」始動 広がれ在宅医療の輪
岩手県・支え合い広がれ互助の輪 住民参加型在宅福祉サービス
宮城県・近未来の介護に迫る ロボット活用で腰痛予防 
秋田県・QRコードで家族に連絡 徘徊高齢者見守りシール 
山形県・盲導犬への理解深めて
福島県・透析機器導入など支援 避難地域等医療復興計画等素案
茨城県・会員減少 確保に躍起 県内シルバー人材センター
栃木県・悩む教師 対応に限界も 進学費用払えず
群馬県・せまる高齢者施設の今①~⑤
埼玉県・社会参加へ「居場所を」若年性認知症
千葉県・ちばの障害者スポーツ上・中・下
東京都・知的障害者の投票支援 DVDでノウハウ
神奈川県・家族側「元の縁に戻して」やまゆり園再生検討
新潟県・高齢者を「介護助手」雇用
石川県・介護職員 25年3000人不足人材確保急ぐ
福井県・虐待防止 妊娠期から
山梨県・虐待 性的被害 子どもへの聴取一回
長野県・インクルーシブ教育 発達障害の支援拡充
岐阜県・認知症対応 競う署員
静岡県・高齢者福祉気軽に相談 介護予防や交流活動
愛知県・保育所 市有地を活用 名古屋市公園など検討
三重県・認知症検査 厳格化 進む免許返納
滋賀県・歩きやすい誘導マット 杖の音 判別が容易に
京都府・ADI京都会議から①~④
大阪府・児童養護施設 退所者の孤立防げ
兵庫県・地域の店が認知症見守り
奈良県・認知症の人も社会の力に 地域参加で深まれ理解
鳥取県・介護保険のひずみ上・下
島根県・視覚障害者に点字で声掛け
岡山県・障害者雇用「千人」達成間近
広島県・始動ふるさと枠医師上・下
山口県・最先端の歩行機能改善ロボスーツ導入
徳島県・視覚障害者もてなし 徳島市で全国大会
愛媛県・「経済的病死」に警鐘
高知県・乳幼児健診受診率アップ 未受信改定訪問が効果
福岡県・認知症の予防 上・下
熊本県・住民の「健康調査」いまだ実施なし 水俣病特措法8年
大分県・孤立ゼロ中津市挑む 専門調査員が全戸訪問 宮崎県・「僕たちの貧困」支援編①~⑦
鹿児島県・介護職運転負担重く 大崎デイサービス送迎事故
沖縄県・虐待認定悩む自治体 担当者迷いと葛藤

〔地域の書籍紹介〕
・『青森県障害児教育史』安藤房治著(北方新社/3500円+税)
・『不登校~気持ちを聴いて、わかって、子供の届かない声』二宮恒夫著(医学出版社/1512円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・要介護3 受け入れ敬遠 特養2割以上に空き
・国の制限「意味ない」特養受け入れ敬遠
・中学の給食 実施率に差
・親権停止 最多83件
・児童設置・自治体二の足 人材確保、財政負担
・介護離職正社員「誰にも相談せず」半数
・リハビリ重視で病床減へ
・赤ちゃんポスト最少5人 昨年度
・児童養護施設4割にLGBT
・保育士処遇「不十分」8割 ・虐待調査個人情報の壁「拒否」経験 児相5割

「東日本大震災 復興まちづくりの現在 2013年秋」DVD全8巻 詳細・ご購入

介護における医療・リハビリ対応基礎シリーズ(全6巻) 詳細・ご購入
新しいページ 1

【企画意図】
医療と介護は深く結びついてるとはいえさまざまな課題を抱えている。この教材は、医療と介護の違いを鮮明にしながら、その連携を深めるために、介護者が発想し、実践していく基本的な思考方式・実践方式を提示している。
医療やリハビリの知識やスキルに取り組む前に、介護実践の基本的な考え方を固めることが求められる。そのことによって医療やリハビリを包含した価値ある介護への道が開かれる。
ここに語られる発想や実践例は、離島・沖縄宮古島で展開され、されようとしている「宮古島からのメッセージ」である。
コーデネターは宮古島で離島医療に取り組む傍ら、認知症患者の介護をはじめ、介護現場と医療現場の有機的連携の構築を目指している脳外科医の竹井太ドクターである。
対談者として、宮古島で真摯な介護実践をしている羽地克也介護福祉士、経験豊かな中川浩作業療法士が対応する。
介護職、ケアマネなど介護関係者の基本的な教材であると同時に、医療・リハビリ、地域福祉に関わる人たちにも多くの示唆を提起している。

【対象】
介護する人たち・介護家族・在宅訪問ヘルパー・介護施設介護職員・ケアマネージャー



DVD 認知症予防シリーズ(全5巻) 詳細・ご購入


【企画意図】
 「認知症は予防できる」認知症に罹らないように、また認知症になってもその進行を遅らせることができる、最近の国際的な研究成果に基づいた映像教材です。
現在まで、認知症の治療薬は発見されてはいません。しかしながら、これまで開発されたさまざまな治療薬を駆使しながら、生活習慣を改善することによって、この認知症を克服し、尊厳ある人生を全うすることができる道筋を提示します。
 認知症の介護については、幾多の先人によって、研究、開発されてきました。今、求められていることは「認知症を予防する」 知恵です。この願いに応えるべく企画されました。


【対象】
認知症の予備軍である高齢者本人、その家族、介護職員、ヘルパー、学生を対象にしています。さらに、初期認知症患者本人の実践参加がその成果を左右することから、イギリスに於ける認知症患者指導映像教材手法に学び、患者本人にも理解できる映像・音声提起を工夫しています。


DVD 新・感染症対策シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

第1巻 これだけは知っておきたい感染症の基礎知識(20分)

【企画意図】
グローバル社会がすすむなかで、感染速度は急ピッチに広がり、早まっています。現代社会のなかで、感染症対策はより重要課題になっています。感染症対策の基本的な知識を提示します。


第2巻 ノロウイルス(15分)

【企画意図】
地域的には認知度の高い感染症ですが、一般的には認知度の低い感染症です。これまで感染源が絞られていましたが、多くの事例では感染源不明のノロウイルス感染症が報告されてきています。感染力が強いこと、症状が烈しいこと、治療薬が開発されていないことが重なり、その対策の緊急性があります。


第3巻 結核(15分)

【企画意図】
結核は治療薬もあり、消え去った感染症のイメージが強く、その恐ろしさの認識が薄れているのが現状です。1999年政府が「結核緊急事態宣言」をしたごとく、治療薬に負けない病原菌に進化していることを認知させることが緊急課題になっています。


第4巻 インフルエンザ(15分)
【企画意図】
インフルエンザが世界的に蔓延し、日本でも多くの死者を出したスペイン風邪旋風からすでに80有余年がたち、その悲惨な記憶は消えかかっています。しかし、その脅威は、グローバル化の中でさらに強まっています。恐怖におののくことではなく、冷静なに対処しくことが求められています。


DVD 続・福祉 新入職員基礎研修シリーズ(全2巻) 詳細・ご購入

続・福祉新入職員研修シリーズ 4大特徴

  1. 違和感のない研修教材 特別養護老人ホーム、介護実践を密着取材。
  2. 初心者でも理解できることばをもちいた教材 専門用語をはぶき、実践の実態を提起。
  3. やる気を引き出す教材 即実践に移れる行動を提起。
  4. 「福祉の心」全編に貫く教材 介護される人たちの目線を意識。

対象■介護現場について3~6ヶ月を経た新任介護職・看護職・ホームヘルパー・福祉系大学・専門学校学生、市町村新任職員、社会福祉協議会新任職員

第1巻 介護術アップに道 自己啓発・相互啓発のすすめ(27分)

第2巻 介護人の絆 メンバーシップとリーダーシップ(24分)


DVD 医療的ケア基礎シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

【企画意図】
2012年4月、これまで医療処置であった胃ろうと喀痰吸引が、正式に介護処置に加えられた。
しかし、介護職がおこなう、喀痰吸引や胃ろう等の介護処置は、たんに医療の代替え処置として位置づけられる行為ではなく、社会的要請のもと、介護の一分野として確立されたものである。このことを基調とし、介護職員が介護の社会化をめざして、介護職としての専門性にプライドをもって従事できるよう制作した。
 映像的には、老人看護・介護を主軸に制作した。


DVD 終末期ケア研修シリーズ(全7巻) 詳細・ご購入
 

この研修シリーズの対象は、主に老人介護施設の介護職員です。老人介護施設における終末期ケア・看取りの体制づくりの基本はその体制を支える介護職員です。しかしながら、福祉職・介護職の視点でつくられた教科書や指導書も少なく、依頼すべき講師も限られ、研修の目途もたちにくいのが現状です。こうした状況を少しでも改善するために緊急に企画しました。

ジャパン通信情報センターは「発掘された日本列島展」を応援しています。
 
Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved