ホーム  >> オンラインショップ
■Contents
ホーム
オンラインショップ トップ
■文化財発掘出土情報
■文化財発掘出土情報 増刊号
■地域福祉情報
■いわかね栄 語り 関連
■柄鏡大鑑
■千坂式 健康法
■文化◇日本の美◇DVD
■TPP問題
■水産関連

ショップのご利用にあたって
特定商取引法に基づく表記
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3−1−8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日〜金曜日
10:00〜18:00
※但し祝・祭日を除く。

<−年末年始のご案内−>
12月29日〜1月4日まで休業いたします。
1月5日は午前11:00より営業いたします。
※ご注文の対応は1月5日以降にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

Email:books@j-tsushin.co.jp
■オンラインショップ
改訂版 千坂式因果法
「放射線・低線量放射能被害を回避する」

―日本列島に暮らす人たちに課せられた課題―

放射能は地球の生態系を破壊するエネルギーである。
放射線被害に特別な医療対策はない。


◆ どうする !! ◆
免疫力・排泄力のあるからだづくり・食習慣の改善

 今日、からだの正常なはたらきを阻害する化学物質含有食品・遺伝子組み換え食品が充満している。こう した食品群は、活性酸素を増殖し、抗酸性物質を阻害し続ける。その結果、免疫力が低下し、不要物の排泄 力を弱める。

 放射能被害は極限の被害だが、化学物質・遺伝子組み換え物質も健康阻害物質であることには変わりがな い。この健康阻害物質の進入を阻むことが先決である。

 放射能・低線量放射能や化学物質は、口からだけでなく、皮膚などから浸透する。
 放射能や化学物質は、目には見えず、肌で感じられず、その存在を即確認することはできない。

 広島・長崎の原爆被害は、70 年を経た現在でも続いている。 その中で多くの被害者たちは、多くの貴重な遺産を残している。
 健康でありたい・「玄米菜食」を軸にした食習慣の改善もその 一つである。その遺産を継承し、実践する道すじに「千坂式因 果法」に基づいた食事療法がある。

 この食事療法は、放射能被害対策として、新たに論証された ものではない。
 「千坂式因果法」は、現代の悪しき食環境に対して提起された 療法である。

  ※こんな内容が盛り込まれています※

【千坂式因果法の中心的な法則】
◇太陽エネルギーのとらえ方◇
・七色の虹・生命とは陰陽の合体である・遠心力エネルギ−=陰 性エネルギー・求心力エネルギー=陽性エネルギー
◇ミネラルのとらえ方◇
・ミネラルとは鉱物・ミネラルは生命の受け皿で ある・ミネラルは繊維に蓄えられる・ミネラル豊かな大地によ い作物ができる・大地 のミネラルを食べる・ミネラルの王様=塩

【食品の分類】
◇素材そ のもの生育環境、加工の仕方、時間経過などによる判別◇
・陰性の酸性・中庸の酸性・陽性の酸性・陰性のアルカリ・中庸のアルカリ・陽性 のアルカリ

【免疫力を高める食事作法】
◇玄米菜食◇・よく煮る・よく炊く・体調 に対応した玄米菜食・梅干で調味・よく噛む・朝昼晩の食バランス
◇体温にあわせて塩分を◇
・ニガリの活用・水分のとりかた・古い塩分を抜く

【食習慣改善中に現れる体質改善反応】
◇健康を保持する◇
・運動・ 断食・少食・宿便・砂浴
◇健康のバロメーター◇
体温・脈拍・ 血圧・快眠・快便・快尿

【症状と食べもの】
◇脳と神経◇・口腔・頭・消化器

【病気と食べもの】
・腸・ 消化器・肝臓・胆のう・膵臓・ 腎臓・心臓・呼吸器・肛門・ 脳神経・目・耳・鼻・血液・ 甲状腺・骨と関節・皮膚・ 口腔・心・男性・女性・妊婦・子供・老人の病気。

【難病と食べもの】
・ベーチエット病・筋無力症・クローン病・リユ ウマチ・溶血性貧血・ネフローゼ症候群・メニエール氏病・突発性血 小板減少性紫斑病・ガン・膠原病・くも膜下出血・ウイルス性脳脊髄 膜炎・結核

【食べもの分析】
・陰性の酸性25 品目
・中庸の酸性5 品目
・陽性の 酸性30品目
・陰性のアルカリ性24品目
・中庸のアルカリ性1品目
・陽性のアルカリ性15品目

【料理の基本】
・よく煮る・一物全体を食べる・玄米の炊き方・姿煮いろいろ

【著者・千坂諭紀夫(ちさか ゆきお)】
宮城県大里村生。農家の子どもとして成長。青年期に都会暮らしで健康を阻害、 「死の宣告」をうける。学業を捨て、自然を師として有機農法を極めながら、 独創的な食養法を編み出し、病を克服。その食養法は「ミネラル健康法・千坂 式因果法」として集大成された。
日本一厳しい食養法とされているが、信頼は 他の追随を許していない。

   A5判 329頁

価格:\3,240(税込) 数量   

復刻版 千坂式ミネラル健康法の基礎 <DVD>
 このビデオ(DVD)は1988年に制作されたビデオをDVD版に復刻させたものです。
 千坂式健康法(食療法)の基本を理解してもらうためのビデオです。

内容(全3巻セット)
第1巻 基礎理論編(35分)
第2巻 内臓編(1)(43分)
第3巻 内臓編(2)(38分)

出演 千坂論紀夫 (株)食健 代表取締役会長

※先生の理論は日々実践的に検証を重ね深められていますので、収録当時とは食品の位置づけ(因果表など)が変化しておりますが、基本的な考え方は同じです。
 最新の情報については先生の会社である(株)食健(http://www.shokken-inc.co.jp/)にお問い合わせください。

千坂式食療法(千坂式)
「千坂式食療法」とは、30代の若さで糖尿病、心筋梗塞、十二指腸潰瘍など、多くの病気を併発して医者から見放された千坂諭紀夫が、病を克服した自らの体験をもとに、まとめあげた究極の食事療法です。

「千坂式食療法」では、「からだに悪いものを食べれば病気になる」「からだによいものを食べていれば健康になれる」と捉えています。

つまり、何を食べてきたかという原因により、どんな体質(病気)になるかという結果が得られると考えているのです。
このことから、「千坂式食療法」は、「千坂式因果法」ともいいます。

千坂式因果法
食と病の因果関係を体系化したものです。食べ物を「陰・ 陽・ 酸 ・アルカリ」の4つに大別し、健康の基本は、陰性・アルカリ性の食品(玄米や根菜の煮物)を中心に食べること、陽性・酸性の食べ物の摂り過ぎは、さまざまな病気の原因になるとする考え方です。

―― 千坂論紀夫 プロフィール ――

1939年 宮城県生まれ
学業のため上京後、田舎暮らしでは経験できなかった都会の食生活に魅せられ、偏った食生活を続けた結果いくつもの病気を同時に併発し、医師から治療不能と「死」を宣告される。その後さまざまな民間療法を試す過程で「からだは食べ物を材料につくられている」という原点に立ち戻り「食べ物と健康・食べ物と病気」の関係を追求、自らの病気を克服する。
1982年 病気の克服経験から得たノウハウを駆使し、特殊な健康補助食品・基礎化粧品を開発、株式会社エスビーケー(現 食健)を横浜に設立、同代表に就任。
1986年 「食べ物と健康・食べ物と病気」の関係をまとめあげた「千坂式因果法」を発表、書籍として出版する。
1989年 ラジオ講座:千坂諭紀夫のヘルシートーク(月−金)スタート。沖縄で現在も放送中。
1992年 妥協を許さないこだわりの商品づくりを徹底するため富山県に自社工場を設立。

著書
●千坂式因果法
●千坂式健康と美容の食生活
●ガン・成人病に克つ新・食事法
●血液力

現在 全国で千坂式食療法の講演活動を20年以上行っている。

株式会社 食健 代表取締役会長
株式会社 エスビーケー・トヤマ 代表取締役会長

            株式会社 食健 HPより
サンプルビデオ

価格:\10,800(税込) 数量   

Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved