ナビゲーション リンクのスキップホーム  
>
■Contents
ナビゲーション リンクのスキップ
■リンク
NPO法人国際縄文学協会
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3-1-8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日~金曜日
10:00~18:00
※但し祝・祭日を除く。

  < -年末年始のご案内- >
12月29日~1月4日まで休業いたします。
1月5日は午前11:00より営業いたします。
インターネットでのご注文対応は、1月5日以降に順次させていただきます。
よろしくお願いいたします。

メール
新刊図書・新作DVDビデオ
文化財発掘出土情報通巻429号20172月号 詳細 ご購入
21日発売 定価2376円(税込)
巻頭グラビア】
   
       鳥取県鳥取市  秋里遺跡

【表紙写真】
         秋里遺跡出土 破鏡
            
◆特集◆    2016年 考古学 発掘この一年 
【収録記事】
   2016年12月1日~31日


【収録遺跡】

〔北海道・東北地方〕
北海道 ・鷲ノ木遺跡
青森県 ・沢部(Ⅰ)遺跡
岩手県 ・盛岡城跡
宮城県 ・原遺跡/本郷遺跡
秋田県 ・藤里町
福島県 ・梁川城跡

〔関東地方〕
茨城県 ・小田城跡/真壁城跡/鹿島神宮境内附郡家跡・神野向遺跡/島名本田遺跡
栃木県 ・栃木県農業大学校内/佐野市仙波町/佐貫石仏
群馬県 ・居家以岩陰遺跡/金井下新田遺跡
埼玉県 ・稲荷山古墳
千葉県 ・和洋女子大敷地内/岡町遺跡/柏市
東京都 ・ハンセン病療養所多磨全生園内
神奈川県 ・大庭城/小田原城三の丸元蔵堀

〔中部・北陸地方〕
新潟県 ・糸魚川市
石川県 ・小川新遺跡/珠洲市/末松廃寺跡/金沢城公園鼠多門跡
長野県 ・殿村遺跡
岐阜県 ・鵜沼古市場遺跡/上町遺跡
静岡県 ・根堅遺跡/日吉廃寺跡/興国寺城跡/大井川拡幅工事現場
愛知県 ・畑間遺跡

〔近畿地方〕
滋賀県 ・下鈎遺跡
京都府 ・安国寺遺跡/京都市上京区
大阪府 ・後期難波宮/寺山南山古墳/真田丸/禁野本庁遺跡
兵庫県 ・高塚1号墳/工楽松右衛門旧宅/高畑町遺跡/竹の前遺跡
奈良県 ・薬師寺

〔中国・四国地方〕
鳥取県 ・新屋小タイ田遺跡/青谷横木遺跡
島根県 ・久村鉱山跡/石見銀山遺跡
岡山県 ・一の荒手/マキサヤ遺跡/津雲貝塚
広島県 ・広島市東区/御領遺跡
山口県 ・石ノ口E遺跡
徳島県 ・渋野丸山古墳
香川県 ・相作馬塚古墳

〔九州・沖縄地方〕
福岡県 ・大井下ノ原遺跡A区
佐賀県 ・溝口橋
長崎県 ・山王神社境内/外海の出津集落/原の辻遺跡
熊本県 ・上代町遺跡群
大分県 ・日田市大山町
鹿児島県 ・鶴丸城跡/小牧遺跡/牧山遺跡

■特集 考古学 発掘この一年■
■ニュースワイド■
・淡路と出雲 交流圏描く
・文化庁、京都移転の候補地絞り込み
・ニワトリ 権威の象徴?ー弥生時代の骨雄に偏る
・アイヌ民族伝統の海洋船 イタオマチプ破損ー札幌市アイヌ文化交流センター
・福岡・新宮町が水中遺跡調査ー相島沖
・井伊直虎 実は「男」?
・沖縄と東京で津波被害文化財修復企画
・遺跡データ 全国発信ー古代歴史文化協議会
・遺構の保存を断念ー前方後円墳のルーツ指摘の円形周溝墓
・火焔型土器デザイン 聖火台に採用協力を
・遺構の保存を断念ー前方後円墳のルーツ指摘の円形周溝墓
・清の琉球史料 本に


■中国情報■
・中国の製紙法出現年代 250年さかのぼる可能性
・上海の遺跡から仏舎利出土、海上シルクロードの重要貿易港ー上海青竜鎮.遺跡
・8500年前のシルク製作の証拠見つかる 中国が最古の蚕糸発明・利用国ー河南省
・故宮文物医院が開業

■海外情報■
・独収容所の盗難門扉発見ーベルリン
・破壊の大仏再建 来秋日本で議論ーバーミヤン遺跡
・玉類から探る古代の日韓交流
・世界遺産の城塞修復ーイラン

■世界遺産・史跡整備情報■
・地元の誇り 世界に発信ーユネスコ無形文化遺産決定
・原爆ドームは篇 依然1トン超眠る
・世界遺産登録を後押しー北海道・北東北の縄文遺跡群
・次代への継承誓うー世界かんがい施設遺産  照井堰用水
・基壇と木製灯篭 復元へー遠江国分寺跡
・広島市・被爆遺構発掘、見学可能にー平和記念公園

【INFORMATION】
■調査報告書・出版案内■
■博物館情報■
■学界動向■

【各地の動向・掲載遺跡】
<東北地方>
・岩手県宮古市・岩井沢遺跡
<関東地方>
・茨城県水戸市・見川塚畑遺跡
<中部・北陸地方>
・石川県小松市・八日市地方遺跡
<近畿地方>
・滋賀県彦根市・彦根城外堀跡
・奈良県橿原市・明日香村・藤原京


〔アルカ通信No.161〕
 ・田舎考古学人回想誌 53 
 ・考古学の履歴書 「過ぎし日の軌跡ー女として考古学者として」 岡田淳子(第16回)
 ・リレーエッセイ154 井戸川遺跡 浦志真孝
 ・考古学者の書棚
  『系統樹曼陀羅』(NTT出版/2012)西井幸雄

 

地域福祉情報通巻297号20172月号 詳細 ご購入
210日発売 定価3024円(税込)
keyword 介護保険制度

【資料】

    第67回 社会保障審議会介護保険部会
  参考資料 1「利用者負担」   平成28年10月19日
   厚生労働省

掲載記事      2016/12/1~12/31

〔全国情報・海外情報〕

・乗車時駅員が原則介助 視覚障害者の事故防止
・介護職員のやる気もアップ 自立進めば成功報酬
・出所後の就労支援 法務省「コレワーク」開設
・事業者の質向上狙う 養子あっせん法案成立へ
・相模原殺傷 自治体が支援主体 厚労省最終報告
・虐待児童保護 家裁が判断
・義手の普及広がる活動 子どもの積極性も引き出す
・脱「高齢者優遇の」の流れ 医療費、一定所得で現役並
・一般会計97.5兆円固まる 来年度予算案
・子どもたちの居場所上・中・下
・老後を支える米国レポート上・下

〔社説〕
・ 相模原事件の検証「措置」に矮小化するな
・高齢者の医療・介護 一律優遇ではもたない
・給付型奨学金 質量ともに一層の充実を

〔都道府県別索引〕
北海道・子ども食堂 あたたかい居場所に
青森県・免許返納 急増2800人
岩手県・心のケア人員もっと 巡回型スクールカウンセラー
宮城県・盲導犬拒否後絶たず 宮城の飲食店や公共施設                 
秋田県・高齢者の割合過去最高 県内生活保護世帯
山形県・お弁当届けて高齢者見守る 社協が配色サービス
茨城県・認知症不明者素早く対応
群馬県・人手不足解消進むか 介護現場へ外国人実習生
埼玉県・自立と孤立「つながるカフェ」の取り組み上・中・下
千葉県・避難所に段ボールベッド 県内も注目 五市が協定
東京都・車いすに優しい街?専用スペース列車に一つ
神奈川県・18歳からの選択 修学旅行いけないときは上・下
新潟県・元気な高齢者 介護を手助け 元気力アップ・S制度
富山県 ・在宅を支える となみのケア事情①~④ 石川県・介護うつ上・下
福井県・「免許供養」再び 福井から自主返納の流れ
山梨県・虐待児童聴取一本化進む 児相、警察、検察
長野県・山間部の訪問看護に難題
岐阜県・ぎふアミターバ臨床宗教師のいる家上・中・下
静岡県・虐待発見口腔内から 県と県歯科医師会
大阪府・自分らしく最期まで.「ホームホスピス」
三重県・ぼっちゃ国際大会誘致へ
滋賀県・外国人九人晴れて終了 介護職員養成研修
大阪府・絶てない虐待上・中・下
兵庫県・ともに考えよう 補助犬シンポに寄せて上・中・下
鳥取県・福祉避難所 福祉的支援は
広島県・民生委員は担い手不足 協力員で負担軽減
山口県・デイサービス「おとなの学校」
徳島県・後見制度を問う 徳島の事例から上・中・下
高知県・福祉で地域づくりを 土佐町社協学校 イベント支援
福岡県・「介護離職」防止に全力 福岡市
佐賀県・窓口探す心の余裕なく 離婚時のケアどこで?
熊本県・訪問や見守り活動・・みなし仮説入居被害者支援遅れ
大分県・妊婦の心早期ケア 虐待予防へ県内で取り組み
宮崎県・子ども食堂解説相次ぐ 運営資金確保に課題
沖縄県・子育て論議市民で継続を 民営園の支援構築へ課題

〔地域の書籍紹介〕
・『子どもの貧困ハンドブック』(かもがわ出版/松本伊智朗ほか)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・認可外保育 監督に差
・保育チェック人手不足 認可外施設
・ホームドア設置進まず
・ホームドアに障壁
・医療的ケア12市区拒否 保育所入所
・社会の中で育てたい 保育所「医療的ケア」急務
・児童虐待 警察が積極保護
・介護殺人・心中4割未検証
・介護事件検証再発防止の鍵 自治体の積極関与必要
・給食無料化じわり拡大 公立小・中
・給食無償化自治体手探り

「東日本大震災 復興まちづくりの現在 2013年秋」DVD全8巻 詳細・ご購入

介護における医療・リハビリ対応基礎シリーズ(全6巻) 詳細・ご購入
新しいページ 1

【企画意図】
医療と介護は深く結びついてるとはいえさまざまな課題を抱えている。この教材は、医療と介護の違いを鮮明にしながら、その連携を深めるために、介護者が発想し、実践していく基本的な思考方式・実践方式を提示している。
医療やリハビリの知識やスキルに取り組む前に、介護実践の基本的な考え方を固めることが求められる。そのことによって医療やリハビリを包含した価値ある介護への道が開かれる。
ここに語られる発想や実践例は、離島・沖縄宮古島で展開され、されようとしている「宮古島からのメッセージ」である。
コーデネターは宮古島で離島医療に取り組む傍ら、認知症患者の介護をはじめ、介護現場と医療現場の有機的連携の構築を目指している脳外科医の竹井太ドクターである。
対談者として、宮古島で真摯な介護実践をしている羽地克也介護福祉士、経験豊かな中川浩作業療法士が対応する。
介護職、ケアマネなど介護関係者の基本的な教材であると同時に、医療・リハビリ、地域福祉に関わる人たちにも多くの示唆を提起している。

【対象】
介護する人たち・介護家族・在宅訪問ヘルパー・介護施設介護職員・ケアマネージャー



DVD 認知症予防シリーズ(全5巻) 詳細・ご購入


【企画意図】
 「認知症は予防できる」認知症に罹らないように、また認知症になってもその進行を遅らせることができる、最近の国際的な研究成果に基づいた映像教材です。
現在まで、認知症の治療薬は発見されてはいません。しかしながら、これまで開発されたさまざまな治療薬を駆使しながら、生活習慣を改善することによって、この認知症を克服し、尊厳ある人生を全うすることができる道筋を提示します。
 認知症の介護については、幾多の先人によって、研究、開発されてきました。今、求められていることは「認知症を予防する」 知恵です。この願いに応えるべく企画されました。


【対象】
認知症の予備軍である高齢者本人、その家族、介護職員、ヘルパー、学生を対象にしています。さらに、初期認知症患者本人の実践参加がその成果を左右することから、イギリスに於ける認知症患者指導映像教材手法に学び、患者本人にも理解できる映像・音声提起を工夫しています。


DVD 新・感染症対策シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

第1巻 これだけは知っておきたい感染症の基礎知識(20分)

【企画意図】
グローバル社会がすすむなかで、感染速度は急ピッチに広がり、早まっています。現代社会のなかで、感染症対策はより重要課題になっています。感染症対策の基本的な知識を提示します。


第2巻 ノロウイルス(15分)

【企画意図】
地域的には認知度の高い感染症ですが、一般的には認知度の低い感染症です。これまで感染源が絞られていましたが、多くの事例では感染源不明のノロウイルス感染症が報告されてきています。感染力が強いこと、症状が烈しいこと、治療薬が開発されていないことが重なり、その対策の緊急性があります。


第3巻 結核(15分)

【企画意図】
結核は治療薬もあり、消え去った感染症のイメージが強く、その恐ろしさの認識が薄れているのが現状です。1999年政府が「結核緊急事態宣言」をしたごとく、治療薬に負けない病原菌に進化していることを認知させることが緊急課題になっています。


第4巻 インフルエンザ(15分)
【企画意図】
インフルエンザが世界的に蔓延し、日本でも多くの死者を出したスペイン風邪旋風からすでに80有余年がたち、その悲惨な記憶は消えかかっています。しかし、その脅威は、グローバル化の中でさらに強まっています。恐怖におののくことではなく、冷静なに対処しくことが求められています。


DVD 続・福祉 新入職員基礎研修シリーズ(全2巻) 詳細・ご購入

続・福祉新入職員研修シリーズ 4大特徴

  1. 違和感のない研修教材 特別養護老人ホーム、介護実践を密着取材。
  2. 初心者でも理解できることばをもちいた教材 専門用語をはぶき、実践の実態を提起。
  3. やる気を引き出す教材 即実践に移れる行動を提起。
  4. 「福祉の心」全編に貫く教材 介護される人たちの目線を意識。

対象■介護現場について3~6ヶ月を経た新任介護職・看護職・ホームヘルパー・福祉系大学・専門学校学生、市町村新任職員、社会福祉協議会新任職員

第1巻 介護術アップに道 自己啓発・相互啓発のすすめ(27分)

第2巻 介護人の絆 メンバーシップとリーダーシップ(24分)


DVD 医療的ケア基礎シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

【企画意図】
2012年4月、これまで医療処置であった胃ろうと喀痰吸引が、正式に介護処置に加えられた。
しかし、介護職がおこなう、喀痰吸引や胃ろう等の介護処置は、たんに医療の代替え処置として位置づけられる行為ではなく、社会的要請のもと、介護の一分野として確立されたものである。このことを基調とし、介護職員が介護の社会化をめざして、介護職としての専門性にプライドをもって従事できるよう制作した。
 映像的には、老人看護・介護を主軸に制作した。


DVD 終末期ケア研修シリーズ(全7巻) 詳細・ご購入
 

この研修シリーズの対象は、主に老人介護施設の介護職員です。老人介護施設における終末期ケア・看取りの体制づくりの基本はその体制を支える介護職員です。しかしながら、福祉職・介護職の視点でつくられた教科書や指導書も少なく、依頼すべき講師も限られ、研修の目途もたちにくいのが現状です。こうした状況を少しでも改善するために緊急に企画しました。

ジャパン通信情報センターは「発掘された日本列島展」を応援しています。
 
Copyright 1999-2016 ジャパン通信情報センター All right reserved